TOP > 製品・サービス > 有報賢人

有報賢人有報賢人とは  |  主な機能  |  推奨環境 

「有報賢人®EDIYハンター版」とは
「有報賢人®EDIYハンター」は金融庁のサイト「EDINET」から情報を自動収集し、データベース化するパッケージアプリケーションです。
「EDINET」に収録されている有価証券報告書は、XBRL形式の財務データとHTML形式の非財務データからなっています。有報賢人は異なるデータ形式の情報を一括収集する優れたアプリケーションです。 財務データでは、損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CF)、株主資本等変動計算書(SS)の4諸表を、前期と当期で比較できる形でCSV出力します。 非財務データでは、有価証券報告書、半期・四半期報告書の主要なページ項目と、大量保有報告書、訂正報告書の各項目をCSV出力します。
有報賢人®EDIYハンター版
主な機能
機能分類 概要
自動ダウンロード
  • 金融庁のEDINETに自動的にアクセス
  • EDINETコードリストをダウンロード(ダウンロードしない選択も可能)
  • EDIENTコードリストに記載された全企業の最新の有価証券報告書と四半期報告書と訂正報告書(有価証券報告書、四半期報告書)のHTMLとXBRL文書をダウンロード
  • 1度ダウンロード及び変換した報告書は、次の実行からスキップされ新しく検出した報告書のみを対象とする
HTML解析
  • ダウンロードしたHTMLファイルの内、下記の12項目について、内容を解析し記載
    • 表紙 → Cover.csv
    • 関係会社の状況 → AffiliateCompanies.csv
    • 大株主の状況 → MajorStockholders.csv
    • 役員の状況 → Directors.csv
    • 主要な設備の状況 → Appointments.csv
    • 事業の種類別セグメント情報 → SegmentBusiness.csv
    • 所在地別セグメント情報 → SegmentLocation.csv
    • 継続企業の重大疑義 → GoingConcerns.csv
    • 事業等のリスク → Risks.csv
    • 主要な経営指標の推移 → Financial_Data.csv
    • 監査報告書 → AuditReports.csv
    • 大量保有報告書 → Retention1.csv, Retention2.csv,RetentionCover.cs
XBRL to CSV 変換
  • ダウンロードしたXBRLファイルを読み込み、各種財務諸表を1帳票ごとのCSVファイルに変換
    • 勘定科目は全て提出企業が使用した科目のまま出力
エラーの記録と通知
  • ダウンロード時の通信エラーや、HTML解析時のエラーなど問題を検出した場合は、メッセージとしてテキストに記録
推奨環境
機能分類 最小PC環境 推奨PC環境
CPU Intel Pentium 4 相当程度 Intel Core 2 Duo 相当程度
メモリ 2GB 4GB
HDD 10GB(データを取得する頻度と会社数によって異なります)
OS Microsoft Windows Vista、XP、Server 2008